Rider Hide の No Guts, No Glory

マイペースな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りのOver還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

最近読んだ本

伊藤 礼 (著)『こぐこぐ自転車』(平凡社) 読了

今年の9作品目 先日ベスパで行った「土かべ文庫」で珈琲を飲みながら最初の辺りを読んでみて面白そうと思って購入した古本です。どうしても自転車やバイクが関係すると読みたいってパターンが多い?(笑) 作者の伊藤さんは長らく勤めた学校の定年が間近に…

知念 実希人(著)『祈りのカルテ』(角川文庫) 読了

今年の8作品目 もう何冊も読んでいる知念さんの作品ですが先日ブックオフで購入した古本です(^^; 主人公は大学附属病院の研修医「諏訪野良太」で心療内科、外科、小児科、循環器内科など様々な科を回っているが、患者さんの心の奥深いところを読みながら各…

竹内 真(著)『カレーライフ』(集英社)読了

今年の7作品目 この本も5作品目として記録に残した「シャッター通りの死にぞこない」と同じでベスパで立ち寄った「土かべ文庫」で見かけて、最初の数ページをパラパラ眺めて読んでみたいという気がして購入した古本です。 分厚い単行本で460ページの上下二…

山本 甲士(著)『迷犬マジック2』(双葉文庫) 読了

今年の6作品目 これは先日、記録として載せた『ぶたぶたの本屋さん』と同じくブックオフで見つけて購入した古本です。 2021年の12月に読んだ『迷犬マジック』の続編ですが前作を読んでいなくてもすんなりと入って行ける内容なので大丈夫です。 今回も4話の…

福澤 徹三(著) 『シャッター通りの死にぞこない』(双葉社)読了

今年の5作品目 珍しく?文庫本ではなく単行本ですが、先日ベスパで立ち寄った「土かべ文庫」で見かけて、残されていた帯に「3ページに1回は腹筋が痛くなるハイテンションコメディ」とあり、話半分としても面白いかな?と思って購入した古本です。 福澤さ…

矢崎 存美 (著)『ぶたぶたの本屋さん』 (光文社文庫) 読了

今年の4作品目 昨年、矢崎さんの『湯治場のぶたぶた』を読んで面白かったので機会があれば「ぶたぶたシリーズ」を読んでみたいと思っていたところ、先日、ブックオフで見つけて古本を購入しました。 今回のぶたぶたさんは本が読めるカフェスペースがある「…

知念 実希人 (著)『となりのナースエイド』(角川文庫) 読了

今年の3作品目 これは川栄李奈さんが主役のTVドラマを見て医療とミステリーの合体でしかも笑えて面白いなぁ~と思っていたら原作者が知念 実希人さんであると知って先日、書店へ行ったついでに購入したもの。 TVドラマに追いつけ追い越せ・・・って訳では無い…

司馬 遼太郎(著)『新装版 軍師二人』(講談社文庫) 読了

今年の2作品目 これは市内の古本屋にブラっと入って見つけ、2008年11月27日の第8刷発行となっているがジャンル的には歴史モノなので16年近く経過していることは気にせず購入。 関ヶ原の戦い前後におけるの有名・無名?の武士などを主人公にした8編からな…

潮谷 験 (著)『スイッチ 悪意の実験』 (講談社文庫) 読了

早いもので今年も既に25日が過ぎてしまったというのに読書の方はやっと1作品目である。 潮谷さんの作品を読むのは初めてですが、以前に書店の平積みされているのを手に取って、カバーの裏表紙に書かれた『大学生の箱川小雪は友人たちと1ヶ月、何もしなくて…

坂木 司 (著)『アンと青春』(光文社文庫) 読了

今年の1作品目 昨年読んだ本は29作品でしたが今年はどうかなぁ~ ある意味、読む時間が減るかも知れんな。 それはさておき、本書は昨年の最後に読み終えた「本日のメニューは。」と同じく、高槻にあった古本も売っているカフェで見つけた本です。 言わずと…

行成 薫 (著)『本日のメニューは。』 (集英社文庫) 読了

今年の29作品目 先日、28作品目の記録を残した時に、もう年内に新しい作品を読み終えることはないだろうと思っていたが、読み終えてしまった。 こうなると30作品を目指したいところだが、さすがにもう時間がないな(^^; さて、本書ですが、最近増えてきたのか…

真保 裕一 (著)『おまえの罪を自白しろ』(文春文庫) 読了

今年の28作品目 さすがにこれで今年は終わりかなぁ~(そんなことばっかり書いてる気がしないでもないが・・・) それはさておき本書は以前から気になっていて先日購入したものです。 真保さんの作品はまだブログなんてものがない時代に代表作と言える『ホワイ…

椹野 道流 (著)『最後の晩ごはん お兄さんとホットケーキ 』(角川文庫)  読了

今年の27作品目 年末までにあと3冊読めば30作品なんだが、まぁ、数多く読めばいいってもんじゃないよな(^^; さて、本書ですが先日、神戸へ所要があって出かけた際にちょっと時間があって古本屋さんを覗き、面白いかな?と何気なく手にとってそのまま購入し…

麻生 幾 (著)『救急患者X』(幻冬舎文庫) 読了

今年の26作品目 思ったよりも早く読み終えてしまった作品が続いたので、先日書店の平積みから最新刊を1冊買ってみましたが、これも早く読み終えてしまった。もっともページ数が少なかったという話もある? 麻生さんの作品は初めて読むと思う。「外事警察」…

つかこうへい(著)『広島に原爆を落とす日』(角川書店)読了

今年の25作品目 この本は先日、ベスパで『つちかべ文庫』へ行った際に何気なく見つけて、この作品に関する予備知識なしに最初の数ページに少し目を通したところで「これは最後まで読んで見たい」と思って購入した古本です(^^; 文庫本なら通勤電車の中では読…

増山 実 (著)『ジュリーの世界』 (ポプラ文庫) 読了

今年の24作品目 昨年・一昨年よりも多く読めている。この調子ならば年内にもう1~2作品読めるかな? それはさておき、これは書店の平積みで何気なく見つけて購入した本です。 先月記録に残した『グランドシャトー』が 「大阪ほんま本大賞」の受賞作品だっ…

くわがき あゆ(著)『レモンと殺人鬼』(宝島社文庫)読了

今年の23作品目 いつものように仕事帰りに立ち寄った書店で「このミステリーがすごい!大賞」の帯がついていたのでつい購入。 くわがきさんの作品は初めてですが、ミステリーは久々?に読むし、帯にも「二転三転四転五転の展開にねじ伏せられました。」とも…

高殿 円(著)『グランドシャトー』(文春文庫)読了

今年の22作品目 読書の秋なのに読むペースが落ちたようにも思うが、まぁいいや。 さて、本書ですが『2023年 第11回 大阪ほんま本大賞受賞作!』ってことで書店に平積みされていたので購入してみた。 京橋のキャバレー『グランドシャトー』のホステス・ルーの…

坂木 司 (著)『和菓子のアン 』(光文社文庫)読了

今年の21作品目 ちょっと読むペースが落ちた?かも知れないが、今月の読書記録としては2冊なのでまずまずってことにしておこう。 「和菓子のアンシリーズ」ってのを始めて知ったのですが、本書は新しい本を仕入れるべく仕事帰りに書店を一周りして偶然?見…

青山 美智子 (著)『猫のお告げは樹の下で』 (宝島社文庫) 読了

今年の20作品目 前回の記事でそろそろペースダウンか?って書いたのに今回も思ったより早く読み終わった。 昨日よりも晴れてメチャ暑いので外へ出る気が起きないし、次回参加する写真展「ナツいろ」の作品も出来上がったので珍しく、自宅でエアコンを効かせ…

馳 星周 (著)『少年と犬』 (文春文庫) 読了

今年の19作品目 「夏の文庫100冊フェア」で購入した本以降、読むペースが上がったような気もするな。 珍しくと言うか、偶然にも気に入った内容の本が続いてページが進んだという事かもしれない。ということは、そろそろペースダウンか?(笑) さて、この作…

矢崎 存美 (著)『湯治場のぶたぶた』 (光文社文庫) 読了

今年の18作品目 この本は「夏の文庫100冊フェア」でまとめて買った4作品を読み終える前に仕入れておいたものです。 矢崎さんの作品は初めてなんですが新聞の広告欄だったか誰かのTwitter(今ではバツ・・・じゃなくて、Xか)のツイート(今は単にポストって言…

吉川 永青 (著)『家康が最も恐れた男たち』(集英社文庫) 読了

今年の17作品目 これも「夏の文庫100冊フェア」でまとめて購入したうちの1冊です。 なぜこれを買ったのか・・・って理由は簡単。このところ妻につられて大河ドラマ『どうする家康』を見ているせいだろう(笑) それほど歴史本は好きではない(キッパリ)が、『…

垣谷 美雨 (著)『うちの父が運転をやめません』 (角川文庫) 読了

今年の16作品目 これも「夏の文庫100冊フェア」に乗せられて?まとめて購入したうちの1冊。 垣谷さんの作品は『老後の資金がありません』、『夫の墓には入りません』などを読んでいて、機会があればこの本も読んでみたいと思いながら、やっと読むことができ…

宿野 かほる (著)『ルビンの壺が割れた』 (新潮文庫)読了

今年の15作品目 これも「夏の文庫100冊フェア」に乗せられて?まとめて購入したうちの1冊。 宿野さんは初めてですが、薄手の作品で帯を見るとよく売れていて面白いのか?と思ったしね(^^; 「ルビンの壺」って何だったけなぁ~?て思いながら読み始めたんだ…

芦沢 央 (著)『火のないところに煙は』 (新潮文庫) 読了

今年の14作品目 先日、インスタには載せたが読む本がなくなってきたので仕事帰りに紀伊國屋書店で「夏の文庫100冊フェア」に乗せられてまとめて購入したうちの1冊。 芹沢さんの作品は初めてだと思うが「2019年本屋大賞ノミネート!」や「このミステリーがす…

橘 もも (著)『大怪獣のあとしまつ 映画ノベライズ』 (講談社文庫) 読了

今年の13作品目 これは個展『クレーンのある街 2 』設営の前日にベスパで行った「土かべ文庫」で見かけ、裏表紙に書かれたあらすじを見ると「ゴジラをパクったような巨大怪獣が突然死んでしまった。当たり前だが、死ねば腐敗が始まるが、こんなにでっかい奴…

似鳥 鶏 (著)『レジまでの推理 本屋さんの名探偵 』(光文社文庫) 読了

今年の12作品目 6月が終わって12作品か。まぁ、とりあえずはよしとしておこう(^^; さて、この本は先月の記事で書いた「吉田自転車」と同じく、5月末にベスパで行った『はるのうたの喫茶店』で見つけて購入した古本です。 似鳥さんの作品は初めて読むと思う…

『ほろよい読書 おかわり』(双葉文庫) 読了

今年の11作品目 昨年の1月に読んだ『ほろよい読書』の続編・・・と言うより、短編小説集でしかも作家さんは全員違うから第二弾というのが正しいですね(^^; 前回は「今日もよく頑張った自分にごほうびの一杯を」と書かれた帯に惹かれたが、今回は「今夜はお疲れ…

吉田 戦車(著)『吉田自転車』(講談社文庫) 読了

今年の10作品目 この本は先日、ベスパで伺った『はるのうた喫茶店』で購入した古本です。 正直言って、作者の吉田戦車さんは知らなかったんですが m(_ _)m 、この表紙の絵も面白いし、自転車というキーワードにピン!ときて購入(笑) はるのうた喫茶店のオ…