Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、R1200GS、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

Tern Surge Proで武庫川、猪名川ライド

 4連休の最終日。 台風が日本に向かってきているが、まだ天気は大丈夫そうなので自転車でひとっ走りする。

f:id:Rider_Hide:20200922155740j:plain

 この頃、Ternのチェーン落ちが発生するので自転車屋さんへ寄ってみてもらったが、抜本的対策はフロントのスプロケット交換か? もうしばらく様子を見て、オーバーホールを兼ねてやってもらおうか。

 ブレーキだけは105に替えてあるが、この際だから全て105に統一するべきかねぇ~。

f:id:Rider_Hide:20200922160813j:plain
f:id:Rider_Hide:20200922160817j:plain

 それはさておき、今日はヒルクライムなしで軽く流すことにして、久しぶりに武庫川猪名川を走ってきたが、武庫川を下る時に弱い向かい風だな。と思ったのに、猪名川を上ってくるときも向かい風って、なんで? ヒルクライムしない代わりのトレーニングか(笑)

 本日の走行距離:約54km 

www.relive.cc

 

R1200GSで南紀へ向かったが、予定変更で中紀どまり(^^ゞ

 まだまだ昼間の日差しは厳しい時もあるが、やっとこさバイクに乗っても何とか耐えられそうな気温になったので、久しぶりにR1200GSでタンデムツーリングすることにした。

f:id:Rider_Hide:20200921192423j:plain

 当初は日本海へ向かう計画だったが、昨夕の天気予報で「近畿北部は場所によっては時雨れる」という情報もあったので、安定している南へ向かい、久しぶりに上富田町の「川よし」へ鰻を食べに行こうと思って出発した。

 しかしながら、思っていた以上に阪和道の車が多く、南海IC以南は約17km渋滞している。ってことなので、急きょ海南東ICで下りてR424 へ逃げて龍神温泉へ向かうことにしたが、似たような考えの車がいるのかちょっとペースが悪い(^^;

 とりあえず、道の駅『明恵ふるさと館』で小休止して、ソフトクリームをいただきます。

f:id:Rider_Hide:20200921193734j:plain

 これじゃ龍神温泉も混んでいそうな気がするなぁ〜ってことで、今回はこのプランBも止めることにし、どこかでランチを済ませようとリスタートし、トップに貼った写真の通り早々とCafeへ。

f:id:Rider_Hide:20200921194110j:plain

 このまま進んでも小洒落たお店を思いつかないので12時には少し早いが、昨年?タンデムツーリングの帰路途中でティーブレイクとして立ち寄った『Cafe & Rest ーBAGDADー』でランチをいただくことにした。

f:id:Rider_Hide:20200921194556j:plain
f:id:Rider_Hide:20200921194600j:plain

 窓辺の席からは有田川が綺麗に見え、窓からは気持ちよい風が入ってきます。

f:id:Rider_Hide:20200921194606j:plain
f:id:Rider_Hide:20200921194603j:plain

 お子ちゃま並みなんですが、好物?の『ハンバーグ』にしようかと悩みましたが、結局『熟成カレー』にしました(^^ゞ

 この先は写真を撮りませんでしたが、少しだけ龍神方面へ向かって、県道26号線で西進し『中津温泉』に入ってから広川ICへ向かい、阪和道と阪神高速で帰宅しました。

 このルート選定だったら、中津温泉より『ほたるの湯』にすれば良かったが、思いつくのが遅かった(^^ゞ

 本日の走行距離:約295km 今日は思っていたところへ行けなかったので、また次回やり直そう。

 それにしても、高速は渋滞しているし、SAも人が多かった。 もっとも、4連休で天気も良いし、コロナの関係で今まで我慢していたのでここに来て一気に出かけるんだろうね。

 それにしても、これだけ人出が多ければ、2週間後には再びコロナ感染者が増えてくるんではないだろうか? まぁ、当分はこの繰り返しかも知れんが(^^ゞ

 

奥田 英朗 (著)『邪魔』(講談社文庫) 読了

f:id:Rider_Hide:20200919182058j:plain

 今年の21作品目 自分が買った本ではなく、妻から『面白かったから、読んでみたら』と回ってきた古本です。

 奥田さんの作品は『家日和』、『我が家の問題』、『我が家のヒミツ』を読んでいるが、これはジャンルが全く違いますね。家シリーズよりも年代が前だから?

 それにしても、最初のうち妻が面白いと言っていた意味が今ひとつわからなかったが、上巻の後半に入ってきたら色々な事件や人間関係がわかってきて、知らぬ間にどんどんと読み進んでしまった。

 それにしても、ほんのちょっとしたこと?から、人生はドン底まで転落していってしまうと考えると怖い話だ。

 タイトルの「邪魔」は、一体誰が誰のことを言っているのか・・・結局のところ自分以外はみんな邪魔なんだろう。アハハ (^^;

 九野刑事のお義母さんのことに関しては全く予想できなかった。いくらなんでもちょっと無茶な話だと思うけど小説だからねぇ~(笑)

 

コウノトリ チャレンジ サイクリング完走しました

 9月12日(土)の当日にも Instagram へ10回アップしていますのでインスタと同じ写真も出てきますがご容赦を(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200914210124j:plain   残念ではありますが、今年はコロナ禍の関係で「コウノトリチャレンジライド」は開催されませんが、各自が自由な日程で同じコースを走る「コウノトリチャレンジサイクリング」という企画されましたので、妻との城崎温泉での癒やしも含めて参加してきました。

 一週間ほど前から色々な天気予報を何度も調べて、やっぱり雨かなぁ〜(涙)と前日まで・・・と言うより、当日の朝まで天気ばかり気にしていました(笑)

 先週までに比べて暑さは一段落してきていますが、早めにスタートした方が気温も天気も良いかな?と判断して、朝7時にいつもお世話になっている山本屋のオーナー高宮さんと朝から外湯へ向かう我が妻に見送られて出発します。

 空を見上げると青空も出てきたので日頃の自分の行いを信じて、レイングッズは持参せずに身軽にスタートします(^^ゞ 

f:id:Rider_Hide:20200914210948j:plain   私は朝から山へ汗をかきに、妻は外湯へ命の洗濯へ(笑) 妻も寝起きのすっぴんなので画像サイズは小さめにしておこう(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200914211655j:plain スタートしてすぐにやってくる上り坂『鋳物師戻峠』ですが、いつもイベントで走る時は止まらず行ってしまうので撮るのは始めてかかも知れん。

 書き忘れましたが、昨年の Tern Surge PRO ではなく CARRERA NITLO SL です。 万一の雨になった場合、こっちの方がブレーキ性能が良いですしね(^^ゞ

 路面はウェットなので下りコーナーは特に慎重に抜けていきます。 間違っても地球とキスや喧嘩はしたくないっす(笑)

f:id:Rider_Hide:20200914213638j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914213641j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914213646j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914213651j:plain

 日本海へ出てきました。 いつものイベント時は最初のエイドステーションがある安木浜海水浴場を横目で見てスルーしましたが、景色が良いところでは写真を撮っておかねば(笑)

 文句なしの良い天気になってきました。上り坂でもさほど暑くも無く、風も殆ど吹いていないので走りやすくて最高です。

f:id:Rider_Hide:20200914214044j:plain  知らない間に『コウノトリ チャレンジライド ルート』という看板が付いていた。始めて走る人にとっては『しまなみ海道』のように路面にラインが引かれていたらベストなんですが費用も掛かるでしょうから、まずは一歩前進でしょうね。

f:id:Rider_Hide:20200914214426j:plain 佐津から南下します。ちょっと向かい風があるものの、天気はさらに良くなってきました。 稲穂も育ってきて、収穫の秋ですねぇ〜

f:id:Rider_Hide:20200914214606j:plain RTやGSのタンデムツーリングでも来たことがあるお蕎麦屋さん『三椒庵』まで来てちょっと一息入れます。 来月辺りにGSでタンデムツーリングで食べに来ようっと。

f:id:Rider_Hide:20200914215040j:plain  床瀬蕎麦を過ぎて、いよいよ神鍋高原へ向かう上り坂に入ります。 峠方向は曇っていますが、雨は降っていないようなので大丈夫でしょう。

f:id:Rider_Hide:20200914215220j:plain  昨年のイベント時は暑さに勝てずに2度休憩しなくては上って来れませんでしたが、今回は雲に遮られて日差しが弱かったので、あれぇ〜?こんな程度の上りだったっけ?と楽勝でした。 今年も妙見山や六甲山でのトレーニングライドしてきた成果かも知れない(^_^)v と言っても、六甲山はたった1回しか上っていないが(笑)

f:id:Rider_Hide:20200914215622j:plain 神鍋高原から一気に下りてきて『コウノトリ但馬空港』へ向かいます。 確か次の交差点が左折ポイントだったよな?って思って走ると、ちゃんと案内看板があって『道に迷って空港へは行かずにショートカットしてしまった』という言い訳ができないようになっていた(笑)

f:id:Rider_Hide:20200914215933j:plain 空港への上り坂も何とかノンストップで上りきりましたが、到着したら雨がパラついてきた。 もっとも雨量計で感知できないほどの雨だが、東の方の空を見るとかなり暗い。 念のためスマホで確認すると・・・う〜む、しっかりと降っていそうだ

 この辺りはすぐに止みそうだが、その後はどうなんだろう? 出石へ向かっても大丈夫だろうか、ずぶ濡れになるのはイヤなのでショートカットして帰るべきか・・・と悩みながら Instagram へアップする。

f:id:Rider_Hide:20200914220257j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914220254j:plain

 インスタにアップして暫くすると空港辺りの雨も上がったので、悩むのは止めて一気に下って出石へ向かいます。

f:id:Rider_Hide:20200914220534j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914220538j:plain

 お腹も空いたので『出石蕎麦』をいただきます。 写真では5皿ですが、ちゃんと2皿追加して7枚食べました(笑)

f:id:Rider_Hide:20200914220814j:plain お腹も膨れたのでいよいよ終盤に向けて走りますが「いずたんトンネル」への上り坂はここまで走ってきた脚に疲れが出てくるので、名も無き水分補給ポイントで小休止です。 ここで休むとトンネルまでノンストップで上り切れるんだよね(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200914221034j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914221038j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914221041j:plain

イベントの時の最終チェックポイントである『中嶋神社』到着。 ここで、約100km 走ってきたことになります。

 いつもはここで竹輪やチューチューをもらって、給水車の名物おじさん?からシャワーを浴びて火照った身体をクールダウンしてくれるんですが、今日は誰もおらずに静かです。

 ラスト約20kmなので1時間程度。と言うことで、ノンビリと流すかなぁ〜と思ったんですが、ガーミンウォッチが『電池の残容量が少ない』ってアラートを出して慌てさせます(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200914221918j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914221922j:plain

 結局、ラストスパートすることになってガンガン走って、城崎温泉駅前の観光センターへ到着。

 トップに載せてあるとおり、完走証を受け取って記念写真を撮っていただきました。笑ったつもりの顔が疲れていますね(笑)

f:id:Rider_Hide:20200914222429j:plain宿へ戻ってきて、ひとっ風呂浴びてから言うまでもなく地ビールで祝杯です。

www.relive.cc

 GPSのログでは約116kmですが、今年も無事にロングコースを走り終えました。 エイドステーションはなく、コース周辺の皆さんからの熱い声援もなかったが十分に楽しめました。 

f:id:Rider_Hide:20200914224714j:plain
f:id:Rider_Hide:20200914224717j:plain

 今回の記念品は黄色のTシャツと城崎小判 1500円分でした。

 さて、来年のイベントはどうなるだろう?  

 

個展(写真展)開催まで残り2ヶ月。いよいよテーマ公開

今月も11日がやってきた。 毎月11日には個展の予告をしていましたが、いよいよ残り2ヶ月となってしまいました。

今月はどんな写真展にするのか、テーマを大公開しちゃいます。

そのテーマは・・・ 『クレーンのある街』です(^^ゞ

はぁ〜 なんじゃそれ・・・?と、あまり興味の無い方もお見えかも知れませんが、以下にプレスリリースの資料をアップしますので、何故こんなテーマを選んでいるのかはじっくりと読んでみて下さい m(__)m

このプレスリリースはギャラリー・アビィのオーナー吹雪さんから関係各所へ送られているはず。 もっとも、これが何かに掲載されるか否かは神のみぞ知る?(笑)

f:id:Rider_Hide:20200907211628j:plain

このテーマに対する興味の有無はさておき、半分以上義理でも良いですから?見に来ていただけたら大喜びです。

以前から書いている通り、私の誕生日直後の開催なので、足を運んでもらえるのが私にとって一番の誕生日プレゼントになります。 もちろん、プレゼント持参も拒みません(爆笑)


 個展の日程と場所は以下の通りです。

 2020.11.11 Wed. 〜 11.15 Sun.

 ギャラリー・アビィ

 

ギャラリー・アビィ企画グループ展『ナツいろ●15』に参加します

いつまでも暑いですね。 今年も厳しい夏の想い出として、ギャラリー・アビィ企画グループ展『ナツいろ●15』に参加することにしましたのでPRさせていただきます。

『ナツいろ』は2017年から参加して今年で連続4回目。 私にとってはデフォルト参加の企画グループ展になりつつあります。 熱中症の恐れがある暑い日に写真を撮りに行くのもイヤなんですが(笑) 

f:id:Rider_Hide:20200907202926j:plain

いつもと同じく直球勝負の写真を出展することになるでしょうが、今年もメチャ暑い夏の一コマを切り取った作品でいきますのでご覚悟を。って何を覚悟する?(笑)

この『ナツいろ●15』を見逃すと11月に開催する初個展まで私の写真を見ることが出来ませんので是非、足を運んでみて下さい(^^ゞ

 

2020年9月30日(水) 〜 10月11日(日)
12:00~19:30 / 入場無料 / 月火休廊

 

Tern Surge PROで六甲山ライド

まだまだ暑い日が続いているので今週も早起きして早朝ライドです。 

f:id:Rider_Hide:20200829143353j:plain
 どうせ、また能勢妙見山だろ。って思われるだろうから行き先変更です。 今年になって初めての六甲山アタック!と言っても、いつものマイペースですが(笑)

 今週も5時過ぎにスタートしましたが先週ほど涼しくない。 夜中の2時頃、短時間ではあるがやや強めの雨が降ってまだ路面が乾いておらず、湿度もやや高めだから一段と暑さを感じるのだろうか? 宝塚に近づいたら路面は乾いていたので、降ったのは我が家の近辺だけだったのだろう。 

 太陽が顔を出してきて逆瀬川から宝塚ゴルフクラブ沿いの坂道は、背中にバッチリ陽が当たり、7時前だというのに暑かった。

 「盤滝トンネル東」のポイントで一息入れて、本格的にアタック開始です。言うまでもなくスローペースで(笑)

 ノンストップで一気に「一軒茶屋」まで・・・と行きたいところですが、暑いので無理はせず芦有ドライブウェーの宝殿料金所地点で一息入れます。

f:id:Rider_Hide:20200829143725j:plain

f:id:Rider_Hide:20200829144924j:plain やっぱり、妙見山より暑いわ。 ここまで登ればあとは楽勝・・・。ってことはないが、ここまでよりも勾配は多少緩やかになるので大丈夫だと言い聞かせて脚を回します。

f:id:Rider_Hide:20200829145126j:plain 久しぶりなのでちゃんと最後まで脚が回るか心配だったが、自分が思っていた時間で無事に到着。 途中、3〜4台ほどの自転車に抜かれたが気にしない。 1台はソロで走っている若い女性で元気な声で「おはようございまぁ〜す」と抜いていったがメチャ早かったなぁ〜

 例によって登山者がまだいない時間帯なのでTernを押して最高峰のところまで行ってみることにする。

f:id:Rider_Hide:20200829145743j:plain さすがにこの高さまで来るとしっかり汗を吸ったサイクルジャージを着ているところに弱いながらも風が吹くと気持ちいい(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200829145757j:plain う〜むこの写真は昨年の六甲山早朝ライドで撮って今日現在のFacebookカバー写真と大して変わらないな。 間違い探しにでも使うか?(^^ゞ

 

 本日の走行距離:約50km 先週までに比べれば距離はちょっと短いが、獲得標高があるからよしとしておこう。 今年も六甲山はクリアできたので「コウノトリチャレンジサイクリング」のコースにある神鍋高原も大丈夫だろうと自信がついたが、ロングライドトレーニングしていないのがちょっと気になるところだ。暑さが落ちついたら良いのだが・・・

www.relive.cc

 

  帰宅してシャワーを浴びて買い置きしてある551の「豚まん」ではなく、「アイスキャンデー」を食べてクールダウンして、ウトウトしてました(笑)

 

CARRERA NITLO SLで早朝ライド

飽きもせず、今週も熱中症対策で朝4時30分起床の早朝ライドしてきました。 行き先は相変わらずの能勢妙見山(笑)

f:id:Rider_Hide:20200823174254j:plain
 先週は通行止めになっているのを知らずに猪名川を上って大野山に向かってしまい、妙見山へ上るには時間が足らなくなってパスしたので、今日は猪名川側から妙見山へ直行することにした。

f:id:Rider_Hide:20200823174335j:plain 今日はもっと雲が多いのかな?と思っていたが、今日もしっかりと晴れてきそうな気配です。

 先週とほぼ同じ時刻の朝の5時過ぎの出発ですが、先週よりも一段とヒンヤリで気持ちいい。 昼間はまだまだ真夏ですが、早朝の時間帯は秋を感じられますね。

f:id:Rider_Hide:20200823174338j:plain 出発した時点はヒンヤリしていたものの、太陽が昇ってくると共に温度も上がってきて上り坂はやっぱり暑いので水分と塩分補給しながらペダルを踏みます。

f:id:Rider_Hide:20200823174341j:plain

f:id:Rider_Hide:20200823174325j:plain
f:id:Rider_Hide:20200823174322j:plain

 トップにも載せましたが、8月も下旬なのにまだ蓮が咲いていたのでちょっと撮影。 先週もここを通ったはずだが気がつかなかったなぁ〜(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200823174345j:plain いつものように「野間の大けやき」で小休止して妙見山へ向かいます。

f:id:Rider_Hide:20200823174349j:plain
 いつものことですが、妙見山への道は木陰で気温も低めなので気持ちよく上れます。

f:id:Rider_Hide:20200823174332j:plain
 思っていた以上に青空で今日も暑くなりそうです。と言うよりも、日当たりが良いところにいてInstagramに写真をアップしていたら暑かった(笑)

 

 本日の走行距離:約64km  コウノトリチャレンジサイクリングにエントリーしたので、100kmクラスのトレーニングもしておきたいな。

 

www.relive.cc

 

Tern Surge PROで早朝ライド

 今日も昼間に運動したらとても危険な暑さが予想されていたので、熱中症でぶっ倒れないように早朝ライドすべく、朝4時30分に起床して昨日のうちに購入しておいたカレーパンに食らいついて(笑)5時過ぎに出発。

f:id:Rider_Hide:20200815181853j:plain
f:id:Rider_Hide:20200815181857j:plain

 昨夜、寝る前に久しぶりに猪名川方面から能勢妙見山へ上がることでいいかなぁ〜って(何だかんだで目的地は一緒)思っていたのですが、「道の駅いながわ」まで来た時点で、そうだ!「大野山」へアタックしてみるか・・・と思いついて、そのまま北上することにしたのですが、やっぱり思いつきの行動は良くないってのが後で判明しました(笑)

f:id:Rider_Hide:20200815181917j:plain 久々に猪名川沿いの歴史街道を走ってみる。 陽が昇ってきて時間が経つにつれガーミンに表示される気温は25〜26℃まで上がってきたがで、木陰の道はまだ良かったものの、直射日光がまともに当たる上り坂になるとさすがに暑かった(^^;

 あちぃ〜って言いながら、この看板のところまで概ね思っていた時刻に到着。

f:id:Rider_Hide:20200815181749j:plain
 さぁ、ここで一息入れて大野山へアタックだ!と思ったら・・・な・な・なんと、全面通行止めの表示が。 がぁ〜ん、 そんなの聞いていないよ。って言うか、調べてから来てないもん。もしかしたら、ここまで上ってくる途中に表示があったのかなぁ〜

 だから、思いつきで行動したらだめって言うことなんだよね(笑)

f:id:Rider_Hide:20200815181932j:plain
f:id:Rider_Hide:20200815181935j:plain

 もしかしたら、自転車くらいなら行けるかも?って思いながら、Instagramにつぶやいているところに、若いサイクリストがソロでやってきたので「行けないんですかねぇ~?」って聞いたら、「以前に来た時は自転車なら行けたので、今日もとりあえず行けるところまで行ってみます」と元気な回答。

 う~む、どうしよう。途中で駄目だったら引き返せばいいことなんだが、やっぱり心が折れるしなぁ〜(上がってきた彼との年が違うから、行けるところまで行ってみるという元気さがない?)ってことで、私はここで引き返すことに(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20200815181953j:plain
f:id:Rider_Hide:20200815181956j:plain

 だからと言っても、まっすぐ帰宅するのも惜しいので、能勢妙見山方面へ向かうが「野間の大けやき」で一息入れる。 このまま能勢妙見山まで行っていると予定時刻を大幅に超過してさらに暑くなるだろうから、今日のところは諦めて帰宅することにした。

本日の走行距離:約73km 獲得標高はちょっと少ない?が、距離としてはまずまずなのでよしとしておこう。

www.relive.cc

垣谷 美雨 (著)『うちの子が結婚しないので』 (新潮文庫) 読了

f:id:Rider_Hide:20200813204004j:plain 今年の20作品目  前職場近くにあった「古本市場」で最後に買った本。 今度の職場近くには「古本市場」や「ブックオフ」はないから、以前のように帰宅時に梅田駅の紀伊國屋書店で買うことになるかなぁ〜 ちょっと小遣いが減る?(^^ゞ

 そんなことはさておき、本書の話に戻しましょう。 幸か不幸か、我が家には該当しない話なんですが、以前に読んだ垣谷さんの『老後の資金がありません』と『夫の墓には入りません』が面白かったので購入しました。

 前2作同様にテンポもよくて分かりやすく、短期間で読んでしまいましたが、何というか、少々面白さに欠けた気がしたのは、やっぱり我が家に該当しないからだろうか?