Rider Hide の No Guts, No Glory

マイペースな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りのOver還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

CARRERAで淀川ライド中にパンクの神様降臨(笑)

今日は(も?)それほど安定した良い天気ではないようだが、自転車屋さんへ用事があったのでCARRERAでお出かけ。 自転車屋さんの往復だけでは距離が物足りないので目的地なしで進んでとりあえず淀川へ。

メチャ寒いってほどでもないが風が強めですねぇ~ 神崎川沿いを下って帰ろうと思った矢先、フロントタイヤの空気が減ってきているのに気がついた。 信号で停まったときにタイヤを押すとまだ空気圧は残っているもののパンクしているのは間違いない。

いつものように出発前に規定空気圧まで入れているが一気に空気が抜けていないってことはスローパンクしていた可能性もゼロではないが、この辺りまで何も違和感が無かったのでついさっき何か踏んだと考えるのが正しいだろう。

まぁ、そんなことを考えていても自然復帰してくれないからチューブ交換することに。

チューブを外して少しエアを入れて確認したらやっぱり漏れているところがあったのでタイヤの内面を指でゆっくり触っていったら・・・痛!って感じたのでよぉ~く内面を見たら小さな金属片がタイヤの外から刺さって中に少し飛び出してきている。

半円形だったのでタイヤからすぐに抜け落ちずに残っていたのでチューブの穴も塞ぎ気味になって空気が一気に抜けなかったんだろう。

タイヤ内部をちゃんと確認してから作業を進めて良かった。 もし、確認せずに新しいチューブを組み込んでいたら新品チューブを一発でパンクさせるところだった。 何事も手を抜かずに基本通りに作業することが一番ですね。

CO2ボンベも持っているがロングライドなどで疲れているときの非常事態用なので、小さなハンドポンプで空気を入れるがポンピング回数が多いので大変。

フロアポンプで入れるときの空気圧までは入っていないだろうが、それなりに走れそうなところで妥協した。 まぁ、いざとなれば街中へ入って自転車屋さんを見つけて空気入れを借りてもいいし(^^;

リスタートで神崎川を下り始めたら時雨れて、風も強くなってきた。 空はそんなに暗くないのに雨も強くなってきた・・・橋の下くらいしか雨宿りできるところがないと言うのに今日はついてないわ(T_T) まぁ、ずぶ濡れになるほど長続きしなかったので助かったが。

タイヤは金属片が貫通した傷があるので交換が必要だが、今回は色々あってそのままにしておくか。その理由はいずれわかるでしょう(^^;

 

本日の走行距離:約48km

 

山本 甲士(著)『迷犬マジック2』(双葉文庫) 読了

今年の6作品目 これは先日、記録として載せた『ぶたぶたの本屋さん』と同じくブックオフで見つけて購入した古本です。

2021年の12月に読んだ『迷犬マジック』の続編ですが前作を読んでいなくてもすんなりと入って行ける内容なので大丈夫です。

今回も4話の短編なんですが話は全て繋がっていて読みやすく、読み終わってホッとする内容です。

1話目の「春」は30ページ程読み進めないとマジックが出てこないので、あれぇ~間違えて違う本を読み始めたんだっけ?って思ってしまった(笑) 4話目の「冬」も最後はいつものようにマジックがどこかへ行ってしまうのかと思ったが、そういう展開で〆るとは予想できなかった(^^;

こんなワンちゃんがいたら良いだろうが、彼の役割が終わったらいなくなってしまうからそのショックの方が大きい気がする・・・って前作のときに書いた感想しか出てこず進歩してない。 これじゃマジックにニヤッと笑われるかも(^^ゞ

既に『迷犬マジック3』が出版されているようなのでまた読んでみたい。

 

 

福澤 徹三(著) 『シャッター通りの死にぞこない』(双葉社)読了

今年の5作品目 珍しく?文庫本ではなく単行本ですが、先日ベスパで立ち寄った「土かべ文庫」で見かけて、残されていた帯に「3ページに1回は腹筋が痛くなるハイテンションコメディ」とあり、話半分としても面白いかな?と思って購入した古本です。

福澤さんの作品は初めて読むと思いますが「3ページに1回・・・」というのは言い過ぎとしても主人公の影山(仮名)がちょっと下品ではあるが、クスッと笑えてドタバタでハチャメチャなのにこの先どうなっていくんだ?と展開が気になってページがサクサク進んだ(^^;

最後はハッピーエンド?で影山とアサカツはどこへ行って、次は何をするのだろうって気になる(笑)

とは言え、好き嫌いが分かれる作品ですかねぇ? B級映画の域かも知れんが、映像化したら本当に腹筋が痛くなるくらい面白いのが作れるのではないだろうか。

 

ベスパにタンデムして近場でヘルシーランチ

この時期にしては気温は高めという事だが、空は雲が多めなので先日のような温かさは感じない。

それでも我が家のタンデマーもベスパで近場なら乗れそうなので30分ほどで行ける「カフェで山の駅」までランチ目的のタンデムツーリング。

これくらいの距離ではツーリングって言わないか?(笑)

二人共「ヘルシーランチ」を注文。 本日のメインは蒸し鶏の中華ソース掛け。 デザートとドリンクも付いてリーズナブルですね。 

カフェへの直行直帰だけだったので、早く気持ちよくタンデムツーリング出来る季節になって欲しいものです。

本日の走行距離:約29km 自転車で走るよりも短い距離だ(^^;

 

本日のインスタ『カメラ散歩で梅花越しの上弦の月』

午後から近場の公園にカメラ散歩に出かけたがメジロは現れなかった。 超望遠ズームではなく軽めのレンズにしておいて正解だったようだ。 

せっかくだから梅の花越しに月を撮ってみた(笑)

www.instagram.com

ベスパで写真展を拝見するため大山崎へ

昨日が暖か過ぎただけで今日が平年並みなんでしょうが寒いし、もっと太陽が顔を出すのかと思っていたんですが雲が優勢で一段と寒く感じたな。

ロードバイクで・・・と考えていたんですが、シートヒーターを取り付けたベスパに変更して大山崎のギャラリー・ナダールで開催されている写真展『写真と言葉』を拝見しに行きました。

写真だけを展示して作家さんの想いや言いたいことを見た人が読み取る(考える)と言うのはもちろん多いですが、作家さんからの言葉が添えられているというのも良かったです。 もっとも、私は語彙力不足なので参加するのは難しいか?(笑)

じっくり拝見したあと、ギャラリー近くのお店でランチをとることにして「くわ焼き定食」を選択。 
ちなみに料理の後ろに写っているのは冷酒ではなく、水ですのでお間違いなく(笑)

帰路の途中で久しぶりに『土かべ文庫』へ立ち寄って一休みします。

ホットカーペットの上に胡座をかいてダブルサイズのホットコーヒーとシナモンシュガードーナツでまったりさせていただき、気になった古本を2冊ゲットして帰宅しました。

本日の走行距離:約66km

矢崎 存美 (著)『ぶたぶたの本屋さん』 (光文社文庫) 読了

今年の4作品目 昨年、矢崎さんの『湯治場のぶたぶた』を読んで面白かったので機会があれば「ぶたぶたシリーズ」を読んでみたいと思っていたところ、先日、ブックオフで見つけて古本を購入しました。

今回のぶたぶたさんは本が読めるカフェスペースがある「ブックス・カフェやまざき」の店主となっている。 そして隣りにあるコミュニティFMで毎週オススメの本を紹介している。

こんなブックカフェが近くにあると嬉しいんだが・・・

湯治場とはちょっと違うが、これもほんわかした短編で構成されていてサクサクっと読めましたが、最後の「死ぬまでいい人」はイマイチ理解できていない(^^; 個人的には湯治場のぶたぶたさんの方が良かったが、他のぶたぶたさんはどんな感じなのか気になるので、また見つけたら買ってしまうかも(笑)

 

本日のインスタ(その2)『暖かい一日 梅の花』

今日も暖かかったですね。 ビール片手に花見していた人もいたし・・・私のことじゃないですよ。私は缶コーヒー飲みながらいいなぁ~って見ていたんですから(^^;
また、金曜日に寒くなるってのは嫌ですね。

www.instagram.com

本日のインスタ『今年のバレンタインチョコはハイボールボンボン』

今年も妻からバレンタインチョコをいただきました(^◇^)
今回は「ハイボールボンボン」でした

www.instagram.com

本日のインスタ『モネ 連作の情景を鑑賞』

今日は午後から中之島美術館へ行って『モネ 連作の情景』を妻と鑑賞し、キヤノンソニーのギャラリーも覗いてから帰宅。
夕食は近くのお店へ行って、ひと月遅れになったが先月妻と参加したソラリストの打ち上げ。 酒も肴も美味しくて満足(^^;

www.instagram.com