Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

「波止場の写真学校」で勉強してきた

今日は久しぶりに雨ではない休日になりそうだったので自転車やバイクで出かけたい!という気持ちもあったが、以前から「波止場の写真学校」で受けてみたい講座を久しぶりに見つけたので朝から神戸へ行っていました。

さて、私はどの講座を申し込んだのでしょう(笑) ヒントは講座途中の昼休みに撮影した写真と帰宅してからそのRAWファイルを現像処理したものが以下のコマです。

えっ? いつもと大して変わらん。ってか? それはね、既にそれなりの腕前があるからです(汗) 大体そんなに学んですぐに差が見えてくる訳はないでしょ。ってことにしておきます(笑) 

それよりも、これはいつもと違うカメラで撮ったんですが・・・その機材は何かはわからないよね?


それでは今回、一体何を学んできたかと言うと写真構図とかに関する講座ではなく、画像ファイル管理とRAWファイル現像をどうするのが楽なのかをかずっと悩んでいたので、その解決を目指したのです。

今まで写真展へ出す作品作りは主にRAWファイルから「 SILKYPIX 」、「DxO PhotoLab 」、「 Photoshop 」を酷使?して、迷い(諦め?)ながら仕上げていたので、せっかくある Lightroom を使う方が一番楽なのでは?と思うようになったので、まずは基礎を学んでみようと思って行ってきました。

NASに画像ファイルを保存しているので、どこにカタログファイルを置くのが一番便利になるか考える必要があるが、解説本などを読むよりも実際の操作を見せてもらいながら話を聞くのが理解が早くて良いですね。 

RAW現像スキルアップを目指して機会があればステップアップ編を受講してみようかな。