Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

『さくらイロ●16』終了しました

f:id:Rider_Hide:20210502201005j:plain私も参加しておりましたギャラリー・アビィ企画グループ展『さくらイロ●16』は本日終了しました。

新型コロナウイルスが感染拡大して緊急事態宣言が出ている中、しかも天気がイマイチだった日が多い中、会場へ足を運んでいただた皆さま本当にありがとうございました。

私が会場で見るのは2度目になりますが、不要不急ではない用件として最終日も見に行ってきました(^^ゞ

f:id:Rider_Hide:20210502201357j:plain
f:id:Rider_Hide:20210502201515j:plain

 ちなみに私は以下の2枚組で出展しました。

f:id:Rider_Hide:20210502201611j:plain
f:id:Rider_Hide:20210502201603j:plain
f:id:Rider_Hide:20210502201606j:plain

なんで左右からの写真も載せているか?と言うのは後で書くとして、これは『たびフォト●15』の続きという訳ではありませんが、この3月に高知県へ出張した際に撮影したものです。

画面では分かりづらいかも知れませんがノスタルジックで柔らかい雰囲気を出したかったので、DxO Film Pack 5 でコダクローム64調に色調整して「伊勢和紙Photo」に出力して木製パネルに水張りました。

このサイズ(大四つ切り)での和紙プリントは初めてだったので、どの和紙を選ぶべきか悩んだのですが、白くて一番無難そうな「雪色」を選び、柔らかなイメージを出すために粗面側にプリントしました。

当初、PhotoShop等でソフトフォーカス的な処理をして、半光沢の写真用紙に印刷しようかと思いましたが、そんな処理はせずに和紙にプリントしただけで見せたいイメージになったので大成功だったと思います(^^ゞ

で、なんで左右からの写真を載せているかというと、よく見ていただくと分かると思いますが、上下左右の周囲にもプリントがありますが、折り返しのところから画像を反転して出力してみました。 我ながら最初にしてはまずまずの出来だと思っています。

f:id:Rider_Hide:20210502204153j:plain今回のタイルトルは『僕には歓声が聞こえる』としました。 妻から「タイトルが・・・ねぇ〜」って言われることが多いのですが、今回は「いいねぇ〜」とお褒めの言葉をいただきました(笑)

「僕」というのは、もちろん撮影者である私のことでもあり、「写っている桜」や「閉校となった校舎」や「夏を待つプール」の想いでもあります。 さらにはこれを見ていただいた「皆さんの耳」でもある訳です・・・って詩人的な感じでつけてみましたが、解説しなかった方が良かったかも知れんな?

いつもなら、これで終わりですが、今回はもう少し続きがあります。 
それは、な・な・なんと、我が妻が初参加したのです。 まさか、こんな日が来るとは夢にも思っていませんでした。

せっかくなので、記念に妻の作品も無断で?載せておきましょう。

f:id:Rider_Hide:20210502205219j:plainタイトルは「ゆめのなか」です。 黄砂の多かった日に撮ったそうで、自然も味方にしているのは、何か持っているかも知れませんね(笑)

2人で同じことをすると楽しみも倍増するので機会があればまた一緒に参加できると良いけど、オレの作品より人気があると・・・(^^ゞ
そんなことより、緊急事態宣言中で打ち上げディナーに行けなかったのは残念でした。

 

さて、次のPRですが、今後の出展予定で決まっているのは次の2つと11月の個展です。

ギャラリー・アビィ16周年記念特別展示『それぞれの制作2021
 5月26日(水) 〜 6月6日(日)
 これは、11月に開催する個展へ繋がっていくプロローグです・・・って本当か?

 

ギャラリー・アビィ企画グループ展「でかフォト●16
 6月16日(水) ~ 6月20日(日)
 これは、アビィにデビューするきっかけとなったのが「でかフォト」なので、今年も頑張って参加します。新しい機材を使った解像度の実力も見たいし(^^ゞ

と言う訳で、引き続きよろしくお願いいたします。