Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、R1200GS、CARRERA NITRO SL、GIOS PANTO乗りの中年?ライダーです。

小路 幸也(著) 『家族はつらいよ2』読了

f:id:Rider_Hide:20170628202656j:plain

 今年14作品目(16冊目)の読了。

 先日読み終えた『家族はつらいよ』同様に楽しめて、この本もあっという間に読み終えた。


 この一家は家族会議で皆が集まる時のお昼ご飯は「うな重」の出前を取るんだね。俺もウナギ食べたいな。

 しかも前作同様、そうして皆が集まると大事件が発生する。今回の事件はまさかのビックリですが、その内容は本を読むか映画を見て下さい(*^_^*)

 終盤でホロッと涙を誘うな場面もあるが、その直後に火葬場で銀杏が・・・しっかり、笑わせますね。 
 映画を見てみたいが、そろそろ上映終了かな。

  さて、次は何読もうか。。。 4冊ほど購入してあるんだが、間もなく通勤電車に乗る時間が短くなるからなぁ〜


蒸し暑い中、PANTOで有馬街道ライド

 今日も昼間は雨の心配がなさそうなので自転車で走ることに。 PANTOでいつもながらの有馬街道ライド。
 風がないから抵抗がなく走りやすかったが、船坂峠を登りきって小休止がてらに止まっても、風が無いのでメチャ暑い!。 スポーツ飲料も生温くなってきてるし。
f:id:Rider_Hide:20170624195237j:plain
 暑いのでバテ気味で有馬温泉到着。 あぁ〜温泉に入ってビール飲みたい。

f:id:Rider_Hide:20170624195732j:plain
 佃煮を購入して、ちゃっちゃと返ることにします。 

f:id:Rider_Hide:20170624195929j:plain
 しまった! ソフトクリームを食べてから下りてくれば良かった。と思ったが、今更戻る気はしないので、一気に下りてきましょう。(と言っても、もう一度船坂まで少し登りがありますが)

f:id:Rider_Hide:20170624200204j:plain
 船坂から生瀬まで一気に下りて、駅前にある謎の?パン屋さん「パンやとまと」が営業していたので初めて寄ってみました。
 一体どんなパンを売っているのか? それともパン屋という店名でトマトを売っているのか?・・・なんてワクワクして入りましたが、こぢんまりとしたパン屋さんで、トマトは売ってませんでした。っていうか、当たり前か(笑)

 対応してくれた比較的若い女性に店名の由来を尋ねたら、隣で文具を売っている「とまと」を親がやってて、この娘さんが同じ屋号を使ってパン屋をしているんだそうです。
 へぇ〜...それで、なんで屋号が「とまと」なんだろう?って疑問は残ったが、まぁいいや (^^; こういうネタは、探偵ナイトスクープに調べてもらうべきですかね?(笑)

 で、肝心の購入したパンのお味は・・・ごめんなさい。明日、食べますm(__)m

 

www.relive.cc

 ライド中の写真なんですが、加工してからアップしたので、自宅で撮ったことになってしまった (;_;)

 本日の走行距離:約52km
 
 コウノトリチャレンジライドに向けて、もう少し長い距離に身体を慣らしておきたいが、これからもっと暑くなると午後は特に厳しいし、そろそろ、早朝ライドに切り替えねばいかんな。

 

小路 幸也(作) 『家族はつらいよ』

f:id:Rider_Hide:20170623223351j:plain 今年13作品目(15冊目)の読了。
 以前、映画の予告編(もしかしたら「家族はつらいよ2」の予告だったかも知れませんが)を見て、これは面白そうだなぁ〜と思っていた。

 書店で見かけた(「家族はつらいよ2」の販売に合わせて並べてあった)ので思わず買ってしまった(^^;

 親・子・孫の3世代がバタバタ・・・と言っても、主にバタバタするのは親と子の2世代だが。

 家族にとって重大事件である離婚、結婚そして急病などが次々に発生するが、全体にコミカルに描かれて、本当は「家族とは・・・」、「夫婦とは・・・」、「親子とは・・・」ということを改めて考えるべき内容かも知れないが、笑いながらあっと言う間に軽く読み終えてしまった。 映画も見てみたいがTUTAYAにないかなぁ〜

 
 「家族はつらいよ2」も一緒に買っちゃったので、来週も笑えるかな (*^_^*) これはまだ上映中のようだから、買わずにさっさと見に行った方が良かったか?


梅雨晴れのショートタンデムツーリング

 珍しく?「梅雨晴れ」と「休暇」がシンクロしたので、「こんだ薬師温泉」までショートタンデムツーリングに出かけました。 

f:id:Rider_Hide:20170623204331j:plain

f:id:Rider_Hide:20170623204351j:plain
 こんなに晴れるなら、もう少し遠出しても良かったのですが、かなり暑かったので遠くへ行っていたらバテたかもしれんが?
 さすがに、平日は温泉は空いていてゆっくりお風呂に入れていいです。 この時期、42℃のお湯はもう熱いな。

f:id:Rider_Hide:20170623204402j:plain
 やっぱり、風呂上がりのジェラートは美味いね (*^_^*)

f:id:Rider_Hide:20170623204626j:plain  温泉の近くにある蕎麦屋さん「ゆる里」でお昼です。十割そばが美味い。

f:id:Rider_Hide:20170623204731j:plain
 日の当たる場所に駐めておくとシートが暑い。 RTの時は夏用のシートカバーを掛けていたが、GS用もあるのだろうか?

f:id:Rider_Hide:20170623204906j:plain
 帰宅途中、三田駅近くで「コルリコーヒー」でちょっと時間が早いがティータイムにします。

f:id:Rider_Hide:20170623205643j:plain 暑いのでアイスコーヒーにしようかと思ったが、せっかく自家焙煎のお店なのでホットコーヒーを味わいました。

 本日の走行距離:約109km 本当にショートだが、いつものコースと違う裏道というか山道(と言っても舗装路ですが)を使ったので、妻は喜んでました。


藤崎 翔(著) 『神様の裏の顔』読了

f:id:Rider_Hide:20170622224356j:plain

 今年12作品目(14冊目)の読了。
 いつものことではあるが、書店の平積みで「第34回横溝正史ミステリ大賞」の帯を見て面白いかな?ってことで購入。

 藤崎さんの作品は初めて読みますが、元お笑い芸人なんですね。知りませんでした m(__)m

 さて、内容のイントロを・・・聖人君子のような元教師「坪井誠造」が逝去し、その通夜の参列者は誰もがいい人だったと涙したが、涙しながらも後輩講師、教え子、近所の主婦さらには実の娘までもが、実は聖人君子の裏の顔は凶悪な犯罪者だったのではないかという疑惑がでてくる。 はたして、本当に裏の顔を持っていたのだろうか?

 読みやすく、どんな風に話が展開するのかワクワクして読み進めました。 最後の最後はえぇ〜っ!!と思わず声を出しそうになるビックリのどんでん返しでした。

 本当に面白くて楽しめました。 藤崎さんの他作品はどんなのか読んでみようかな。

 

三好 昌子(著)『京の縁結び 縁見屋の娘』読了

f:id:Rider_Hide:20170619213334j:plain 今年11作品目(13冊目)の読了。
 例によって書店の平積みで「このミステリーがすごい!」大賞の帯を見て購入。
 三好さんの本は初めてだと思う。 もう、読み終えて2週間近く経過するのに、色々と(飲み会続きで?)バタバタしていて記録をアップしてなかった(^^;

 物語の時代背景は、江戸時代の天明年間で「縁見屋の娘は祟りつきや。 せやさかい、二十六の年に死ぬ」という言う噂話が広まっているということで、時代劇ミステリーなのか?って思いながら読みました。

 主役である京都の口入屋「縁見屋」の一人娘の「お輪」も本当に二十六才で死ぬのか? それはどういう祟りなのか? お輪は回避できるのか? 謎深き行者「帰燕」と侍の「島村冬吾」は味方か?それとも敵か?・・・など、気にしながら読み進めました。

 あっ、そうそう「口入屋」ってなんだ?と思ったが、現代風に言えば「人材斡旋業」というか、民間のハローワークか?
 それはさておき、思っていた以上に読みやすかった。 しかし、天狗が出てきて、こうした種類も「このミステリーがすごい!」の対象になるのか?と思ったが、そんな疑問を差し引いても、最後まで面白く読めました。 そんな無茶な・・・って思うこともあったが。まぁ、ミステリーなんでしょ(笑)
 
 詳しく知らなかったが、京都で「宝永の大火」や「天明の大火」は本当にあったんだね。さすが、史実も上手いこと使っていますね。


午前はCARRERAで妙見山ライド 、午後からは妻と『ほんたき山のカフェ』

 GSで走りたい気もしたが、今日は(も?)体力維持のため自転車。 行き先は・・・相変わらずのコースです(^^;
f:id:Rider_Hide:20170618205747j:plain まずは、箕面山荘の入口まで登って小休止。気温は思ったよりヒンヤリ気味だが、上り坂はやっぱり暑い。
 ここから高山経由で妙見山を目指します。

f:id:Rider_Hide:20170618210113j:plain

f:id:Rider_Hide:20170618210121j:plain
 妙見山で代わり映えのしない写真(笑) 今日は写真だけ撮って、桜川サイダーもジンジャエールも飲まずにさっさと降ります。

f:id:Rider_Hide:20170618210413j:plain 妙見山で殆ど休憩しなかったので、野間の大ケヤキまで一気に下りてきて「ありなし珈琲」で一息入れます。
 超望遠レンズで大ケヤキに来ているアオバズクを撮影している人がいましたが、今日は肉眼では確認できず残念。

f:id:Rider_Hide:20170618211009j:plain

f:id:Rider_Hide:20170618211026j:plain
 少しだけいつものコースから変えて、一庫ダムの上流を廻って帰ることにした。





ちょうど、12時に帰宅。本日の走行距離:約56km

www.relive.cc



 自宅で昼食を済ませて、GPSログの処理していたところ、妻から「楽しいことが無く、つまんない」って意見が出たので、外へお茶を飲みに連れ出した。

 行き先は・・・なぜか妙見山? 午前中のライドでも近くを通っているのですが、一度、行ってみたいと思っていた『ほんたき山のカフェ』です。

f:id:Rider_Hide:20170618213901j:plainf:id:Rider_Hide:20170618213928j:plain
高い位置にあるので、景色がいいですね。

f:id:Rider_Hide:20170618213911j:plain
 シュークリームに見えます?が、中にはプリンが入っています。 珈琲もマグカップでたっぷりあって美味かった。


f:id:Rider_Hide:20170618214012j:plain

f:id:Rider_Hide:20170618214136j:plain

f:id:Rider_Hide:20170618214155j:plain
今度はGSのタンデムでカレーを食べにこうようっと。

f:id:Rider_Hide:20170618214425j:plain
 お守りのシールもいただきました。 写真には2枚しか入れていませんが、GSとCARRERAとPANTOの分として計3枚も m(__)m  それぞれの馬で行かないと、罰が当たるな(笑)