Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

柴田 よしき(著)『猫は引越しで顔あらう』(光文社文庫) 読了

f:id:Rider_Hide:20190804182826j:plain

  今年の21作品目  先日、神戸へJazzを聴きに行った時に少し時間があったので「ブックオフ」とか「古本市場」のようなチェーン店ではなく、所狭しと色々な本がランダムに積まれた「昔ながらの古本屋さん」に入って、何やら面白そうなタイトルを見つけて購入。

 柴田さんの作品を読むのは初めてだと思います。 表紙に書かれた「猫探偵 正太郎の冒険④」に気づいていなかったので、読み始めてからシリーズものだったと分かりました(^^;

 前3作を読んでいないので少し??状態のところもありましたが必ずしも読んでいなければならないと言うこともなく、4つの短編が収録されていて猫の「正太郎」,「ニンニン」,「フルフル」そして犬の「しんすけ」が話しながら謎を解く。・・・と言っても飼い主も含めて人間にわかるものではなく、いわゆる正太郎らの目線で書いてあるのが面白い。

 最後の「祈鶴」だけは正太郎らの言葉はないが、これはいい話でした。

 前3作も読んでみたい。古本屋さんにあるかなぁ〜・・・って思うが、「正太郎と古本市の冒険」にあったように作者としては言うまでもなく、古本ではなく、新品購入して読んで欲しいでしょうね(^^;