Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

榎田 ユウリ(著)『ところで死神は何処から来たのでしょう?』(新潮文庫nex)読了

f:id:Rider_Hide:20190721221540j:plain 今年の20作品目 榎田さんの作品は3冊目で先に読んだ『ここで死神から残念なお知らせです。』と『死神もたまには間違えるものです。』の死神シリーズで、例によって、古本屋さんで見つけての購入です(^^; 

 今回も「死んだ事に気づかずに普通に生活しようとする者を死神と名乗る“余見 透”が説得させてちゃんと?死なせようとする(成仏させる)」ものなんですが、今回のクライアントである小木は一筋縄でいかず、本当に死んでいるのか?疑問を感じながらも前2作と同様、テンポよく読み進められます。

 それにしても最後はびっくり。なるほど、そう言う意味のタイトルだった訳なのか。ラストには前作にも登場した天堂医師も出てくるとは思わなかった。 

 これで全三作を読んでしまったが、死神シリーズは終わりなんだろうか?