Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、R1200GS、CARRERA NITRO SL、GIOS PANTO乗りの中年?ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

荻原 浩(著)『噂』読了

f:id:Rider_Hide:20180809205245j:plain

 今年の17作品目。 いつもながら、書店の平積みで帯に書かれた「えっと思わず声が出る衝撃のラスト1行」に釣られて購入。

 ほんの少し厚めですが、意外とサクサク読めたと言うか、面白い部分もあって引きずり込まれた感もある。情景も目に浮かぶし、さすがは荻原さんの作品ですね。ミステリーは数多く出されていない方だと思うが・・・

 あまり詳しい内容は書けないが、新しい香水を売り出すために馬鹿げた口コミが女子高生を中心に広まったが、その内容と同じ連続殺人事件が起きていく。もちろん、大人はもとより警察もその口コミを殆ど知らない。

 本庁の名島刑事と所轄の木暮刑事のコンビが捜査本部の方針と別行動をして、事件の真相に近づいていく。 名島刑事の方が若いが、階級は上であるというのはよくある話?だが、名島刑事がちゃんと木暮刑事を立てていて、次第にチームという意識を持っていく。 二人の刑事の親子関係も人間味あふれて良い感じだし、このコンビで続編を作って欲しいな。

 噂・・・口コミ・・・都市伝説か。そう言えば子どもの頃「口裂け女」の話があったことを思い出した(笑)
 最近の本かな?と思っていたが、まだスマートフォンはなく、やっとiモードが広まり始めた頃が舞台になっているから、現代であればこうした情報の広がり方もちょっと展開が違うんだろうな。
 

 それで、肝心のラスト1行は・・・ネタバレになるので書けないが、『えぇ〜 なんてこった。ウソだろ!』って思わずにいられない。