Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、R1200GS、CARRERA NITRO SL、GIOS PANTO乗りの中年?ライダーです。

ささき かつお(著)『空き店舗(幽霊つき)あります』読了

f:id:Rider_Hide:20170524163325j:plain

 今年10作品目(12冊目)の読了。 もうすぐ5月も終わるというのにちょっと少ないか? もっとも、1年間で何冊読むぞぉ〜!なんて気張った目標がある訳じゃないから良いんだけどね。(そんな目標立てたら、途中で嫌になって読まない?)

 それはさておき、いつものように仕事帰りに立ち寄った書店の平積みで面白そうなタイトルに惹かれて購入した本で、ささきさんの本は初めてです。

 築五十年のオンボロビル「スカイカーサ武蔵小金井」は、幽霊が出るということで空き家状態になっているので、ビルのオーナーが開き直って?「幽霊つき」と明言して、テナント料の大幅値下げしたところ、1〜4階に次々と訳ありの?店子が入ってきた。

 そして、各お店のオープンと同時に予告通り地縛霊が現れ・・・。

 ところが、幽霊と言っても、可愛くて人なつっこく、今時見かけない?ツインテールの髪型の少女で、日本人なのに名は何故か「アリサ」という。 しかも、暗がりは嫌いというか、怖がるというまったく幽霊らしくない(笑)

 幽霊らしくない地縛霊「アリサ」は4人の店子とも仲良く?やっていき、さて、どんな展開にするのかなぁ〜と思っていたところ、オンボロビル最上階の5階に謎めいた5人目の店子が入ってきてから話は急展開するんですが、この先はネタバレになるので、気になる方は読んでからのお楽しみということで(*^_^*)

 いやぁ〜全体にテンポが良くて面白く、かつ終盤にはちょっとしたミステリーとホロッとさせる内容だ。 5話完結でTVドラマ化したら面白いんじゃないかな。

 深く考えること無く気軽に読めた。・・・って、先日読み終えた三島作品がぶっ飛びすぎだったから、差が大きいのか?(笑)