Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

江坂 遊(選)『30の神品 ショートショート傑作選』(扶桑社文庫) 読了

f:id:Rider_Hide:20190106192221j:plain この本は勤務先近くの古本屋で見つけたもので、昨年末から読み始めて年末までに読破しようと頑張っていた?のですが、残念ながら年を越してしまったので、今年の1作品目として記録しておく。

 この本は短編ではあるが30作品あるんだから、いきなり30作品の読了・・・ってダメだよね(笑)

 この本は先にも書きましたが、江坂さんが厳選した国内外の30のショートショート傑作選で、私が生まれる前の作品も多く掲載されています。
 外国人作家さんの本は、私の読解力が付いて行けずに途中で投げ出してしまうこともたまにあるのですが、短編はそんな心配も無いし (^^ゞ

 ブラックユーモア系が多いかも知れませんが、短い中でオチがあるので、すぐにニヤリしちゃいます。 いずれの作品も面白いが、全作品に感想を書くわけにはいかないから、個人的に3作品を厳選すると・・・

 和田 誠さんの『おさるの日記』は、最後の3行で思わずそういうことか!と、ニヤリとしてしまった。

 F・R・ストックトンさんの『女か虎か』は、ラストはどうなったか・・・それは、我々読者にゆだねられるのか。う〜む (^^;

 小松 左京さんの『牛の首』は、話の内容をぜひとも聞きたかったが、このオチって・・・確かに怖い話だ(笑)

 そうそう、星 新一さんの『おーい でてこーい』は、以前にタモリさんがストーリーテラーを務める「世にも奇妙な物語」でやってましたね。これも面白い。って4作品書いているじゃんか。

 短編集はあまり読まない方ですが、ちょっと時間が空いたときに読めるから良いですよね。 通勤電車ではなく、ウィスキー飲みながら楽しんでも良いよね。