Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、BMW R1200GS、Vespa LX150ie、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

志駕 晃(著)『スマホを落としただけなのに』(宝島社文庫) 読了

f:id:Rider_Hide:20181127220955j:plain 今年の26作品目。 う〜む、やっぱり、年内の30作品は無理かなぁ〜
 さて、話を戻しましょう。 先日、志駕さんの『ちょっと一杯のはずだったのに』を読んで面白かったので、その前作でもある本書を是非とも読んでみたいと思って、書店で購入しました。

 個人的には映画の封切り前に読みたかったのですが、まぁ、それはいいか (^^;

 テンポも早く、面白かったです。「ちょっと一杯の・・・」以上にページが進みました(^^;  これだけの事件の割に登場してくる刑事の人数が少ない気もしたが、まぁ、メインはそれじゃない?から仕方がないですかね。

 それにしても、まさかの終盤のどんでん返しは思いつかなかった。それでも、あんなに上手く助かるかねぇ〜ってのが小説か?(笑)


 私はガラケーの時代も含めてスマホを落としたことはありません (^_^)v  ・・・と言いながらも、胸ポケットから落下させて傷がついたことはありますので、日本語としては正しくないか(笑)

 そんな揚げ足取りのようなことはさておき、幸いにして今のところ紛失したことはありませんが、この先も絶対に落とす(紛失する)ことが無いとは言えないし、拾う人の全てが善人とは限らないと考えるとちょっと怖いかな。 どんなパスワード類も万全とは言えないだろし。

 紛失に気づいてサービスを止める前に電話の着信があれば、画面に発信者が表示されるしなぁ〜 まぁ、この作品にあるほどの目に遭うって可能性も少ないとは思うが、とにかく今じゃ、スマホに色々な個人データが入っているのでヤバイよね。
 

 それよりも、昔は電話番号を何個か覚えていたが、今じゃ全くと言うほど覚えて無いから、出先でスマホを無くしたり、壊れたら一瞬頭が真っ白になりそうであることは間違いない(^_^; 便利な世界は、いざという時に不便な世界だ(笑)

 最近の機種はストラップも付けられないタイプが多いし・・・ストラップを付けるのは年寄りの証拠かも知れないが、私はストラップ派です(^_^)v

 結局、映画は・・・見に行くチャンスはないだろうな(^^;