Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、R1200GS、CARRERA NITRO SL、Tern Surge Pro乗りの還暦ライダーです。 写真展には「 Hide.Yamamoto 」のネームで出展していることが多いです

能登半島ツーリング

f:id:Rider_Hide:20190610130920j:plain
 6/8(土)~9(日)の1泊2日で昔の同僚らと能登半島一周のロングツーリングに行ってきた。 バイクは国産と外車、排気量も250~1800ccまでバラバラで総勢12名。 こんなに集まったのは初めてじゃなかったっけ?

 早ければ梅雨に入る時期(事実、関西はまだだったが、北陸は梅雨に入ってしまっていた)なので、この日程で確定するには少々悩ましかったが参加率が一番高い日だったから、あとは晴れることを祈って早くから宿を押さえた。 さすがに12名が泊まれる宿を天候を見ながら、直前になって探すのは無理だと思うし・・・

 近づいてきて、気になる10日間天気予報を見ると雨マークと降水確率がやや高めに出ていた。

 予報が外れていくことを大いに期待したところではあるが、いつもながら『外れて欲しい予報は外れず、当たって欲しい予報は当たらない』の大原則?通りで当日を迎えることに。

 それでは以下、レポート本編です。

 いつものように大阪メンバーは草津PAで集合します。 5時30分頃に起床しパンを食べていた頃はほんのチラッとですが青空も見えたのに出発して中国豊中ICから高速に乗る前、セルフスタンドでガソリンを入れていたら霧雨のような雨が・・・

 スマホを取り出し、気象レーダーを確認すると草津PAへ着くまでに薄い雨雲と遭遇しそうだった。 高速の途中で雨が降り出すと困るので、念のためカッパを着用して草津へ向かいうことにする。

f:id:Rider_Hide:20190610131104j:plain
 草津PAはご覧の通り、路面は乾いていますが、途中の京都辺りで雨が降っていた。 どうしてもカッパが要ると言うほどの強さの雨ではなかったが、備えあれば憂いなしってところか。 

 珍しく?ほぼ予定通りに大阪メンバーの7台が集合。 次は北陸道の賤ヶ岳SAで名古屋メンバーと合流する計画ですが「賤ヶ岳まではカッパは要らない」と言う猛者もいれば、私のように「レーダーの予測には無いが、米原辺りから降ってくると思った方が良い」とリスクを主張する者も。 もちろん、本人の判断に任せます(^^;

f:id:Rider_Hide:20190610131117j:plain 結果としては私の予想が当たって、米原JCT北陸道に入ったところからやや強めの雨が降ってきた。 結果して、カッパを着ずに出発した2台は途中でカッパを着ることに。

 そんなことがあっても、ほぼ予定通りの時刻で賤ヶ岳SAに到着。 名古屋メンバー3名ならびに滋賀の1名は既に到着していたので、これで11台に。  一息入れて、次の休憩ポイントである尼御前SAへ向かいます。

 

f:id:Rider_Hide:20190610133907j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610133910j:plain

 豪雨というほどの雨ではないのですが、降ったり止んだりを繰り返します。

 気温もやや低めですが、カッパを着てグリップヒーターをONにしているので寒いってことは無い。 しかしながら、その代わりと言ってはなんですが “眠い!” ってことで『メガシャキ』を飲んでおく (^^;


 みなさん小休止の後、次のポイント「道の駅 万葉の里高岡」へ向かいます。もちろん、念のためのカッパ着用です。

f:id:Rider_Hide:20190610134705j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610134708j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610134711j:plain

 ちょっと時間は早いがランチタイム。 「富山ご当地オリジナルカラーラーメン」なんてものがあり、珍しい色のラーメンを食べてみたい気がしないではないが、失敗だったと言うのもイヤだからここは定番の「ブラック」と思いきや「高岡ブラック2」を食べることにした。こっちの方が黒さが濃いみたい。

 それで、味の違いは・・・ そんなもん、一緒に食べ比べなきゃわかんねぇ~(笑)

f:id:Rider_Hide:20190610134627j:plain
 ここで富山からの1名が合流して、全員12台が集合しました。 

 「この先は雨の心配はなさそう」と言うこと意見が一致してカッパを脱ぎ捨て・・・(捨てはしないが)身軽な姿に変身します。 もっとも、ここまでの雨で靴がずぶ濡れってメンバーも居ましたが。

 次は氷見の道の駅「能登食祭市場」へ向かいます。 途中、行く先の空が黒くて、これは予想を外したか? ヤバイなぁ~と思ったが、幸いにしてほんの一瞬の雨で済んで助かった。

f:id:Rider_Hide:20190610135125j:plain ご覧の通り、氷見に到着する頃には晴れてきたぞぉ~!

f:id:Rider_Hide:20190610135712j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610135714j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610135718j:plain

 やっぱり、青空が出ていると気分も上々。

f:id:Rider_Hide:20190610135813j:plain
 青空の下、濡れた靴を乾かしながらソフトクリームなどを食べて、くつろぐメンバーの図(笑)

 一息入れたので、次へ向かいます。 道の駅「あなみず」です。お前らのツーリングの行き先は道の駅しかないのか?って聞かれるかも知れないが・・・「ハイ、無いんです」と答えておきます(^^;

f:id:Rider_Hide:20190610140020j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610140023j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610140026j:plain

 大昔?に仕事で珠洲へ来たときは、ここで乗り換えだった記憶だが、今はここが終点なんですね。 時代の流れかなぁ~

f:id:Rider_Hide:20190610140342j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610140345j:plain

 予定よりも少し早めに進んでいるので、若干時間に余裕はあるのですが、雨雲ではないものの太陽は隠れちゃったので寄り道もせずに宿へ向かいます。

 本日の宿は見附島(軍艦島)のすぐそばにある「珠洲温泉 のとじ荘」です。なかなか立派な宿ですがリーズナブルです。

f:id:Rider_Hide:20190610140602j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610140643j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610140648j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610140646j:plain

 夕食まで時間もあるので、まずは見附島を散策。 島のてっぺんは海鳥の楽園のようですな。

f:id:Rider_Hide:20190610141025j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610141022j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610141028j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610141104j:plain

 若者メンバーが果敢にも見附島へのタッチを試みますが、失敗に終わりました。 最後は泳いでも行くかと期待したが(笑)

 記念写真(トップに貼ってある写真ですが、スケッチ調の加工しました。それでも、知っている人が見れば誰か判るだろう)も撮って、見附島の散策(と言うほど歩いていない)を終了。

 ゆっくりと温泉に入って夕食です。

f:id:Rider_Hide:20190610141400j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610141356j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610141350j:plain

 どれも、美味かった。 言うまでもなく?地元の日本酒「宗玄」も美味しくいただきました(^^;

f:id:Rider_Hide:20190610163247j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610163250j:plain

 宿の前に駐めたバイクと共に記念撮影。これも念のため、スケッチ調に加工しておくか。

f:id:Rider_Hide:20190610141808j:plain

 晴れていれば星空と見附島を撮るつもりでしたが、生憎の天気で残念なんです。それでも諦めきれずにライトアップしてある見附島を撮ってきた。

 大部屋が2つなので、自主的に「イビキ部屋」と「静かな部屋」に別れ、皆さん疲れたのか比較的早く寝たようです。 私は撮った写真を確認しながら、1人寂しく?日本酒をチビチビやってました(^^; 

 

 2日目の朝を迎えて、もし予報が外れて天気が良ければ朝日が望めるがどうだろうと4時過ぎに窓の外を見ましたが、生憎の曇り空なので朝日の撮影は諦め、朝風呂に入れる時間まで再び布団の中へ。

 朝風呂を浴びた後、懲りもせずに見附島の写真を撮りに。

f:id:Rider_Hide:20190610141950j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610141953j:plain

 ご覧の通り朝日も立山も見えませんでした。 妻とのタンデムで来て星空と朝日にチャレンジするか。

 

f:id:Rider_Hide:20190610142513j:plain
 7時から朝食をいただきます。 何故かオレンジジュースの量が微妙だ。 言うまでもなく、これは飲む前の写真です(笑)

 
 雨の心配はゼロでは無いが、今暫くは大丈夫そうなので予定通り能登半島を一周することにして、能登半島の先端にある道の駅「狼煙」へ向かいます。
 1名が急きょ早く帰る必要が出来たとのことで宿から直接帰ることになり、2日目は11台でのツーリングです。

f:id:Rider_Hide:20190610142657j:plain 予定していたより早く宿を出発できたので、禄剛崎灯台まで歩いて上ります。

f:id:Rider_Hide:20190610200158j:plain

f:id:Rider_Hide:20190610143411j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610143419j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610143422j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610143440j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610143408j:plain

 近代化産業遺産。 日本で唯一「菊の御紋章」がある灯台だそうです。

f:id:Rider_Hide:20190610143528j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610143530j:plain

 草刈り作業にきていた地元のおじさんが教えてくれましたが、季節によっては海から上る朝日と海に沈む夕陽が望める珍しい地点だそうです。 見てみたいが、たまに来たくらいで晴れるのは難しいわな。

f:id:Rider_Hide:20190610143611j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610143609j:plain

 灯台は駐車場からは勾配の厳しい歩道を思った以上に登ります。(この写真もまだ、灯台までの上る途中からです。左の写真の上の方に駐車場のバイクが小さく写っています)


 次は道の駅「輪島」へ向かいます。 しばらくは海沿いのワインディングを軽快に流していたのですが、途中から前に遅い車が現れてつまらなくなったので輪島の手前の「千枚田ポケットパーク」で予定外の小休止。

 追い越し禁止ではないのですが、さすがに11台が安全に追い越しするのはちょっと大変。 他の人から顰蹙を買うようなマナーの悪いライディングはしたくないですし。

f:id:Rider_Hide:20190610144148j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610144151j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610144154j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610144157j:plain

 折角なので上からですが棚田を見てみます。 黄金色の時期も良いですが、この時期も綺麗ですね。 

 リスタートして輪島へ到着。

f:id:Rider_Hide:20190610144616j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610144613j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610144609j:plain

 今は道の駅ですが、元々は電車の駅なんですね。 昨日の穴水~珠洲と同様に電車は廃止になってしまったものです。時代の流れには逆らえないか。

 駅名標が残っていますが、当時はシベリアまで電車は続いていました・・・なんて訳ないっす。 じゃぁ、何でシベリアって書いてあるのか。 知りたい方は「輪島」までお出かけ下さい。ちゃんと理由が書かれていました(^^; 

f:id:Rider_Hide:20190610144820j:plain 観光案内所のお姉さんが「オートバイで来た方にお渡ししています」ということでステッカー「PEACE! TOURING in NOTO」をいただきました。

 この写真では小さくて読めないかもしれませんが「道の果て 能登半島へようこそ」とも書かれています。 道の果てか。ちょっと自虐的?(^^;

 早速、GSのトップケースに貼りつけました。 ほんと、我ながらやってることは子どもかそれ以下だ(笑)

 土産物を探すべく、ステッカーをいただいた観光案内所のお姉さんに朝市の近くにある駐車場を教えてもらい移動。 

f:id:Rider_Hide:20190610145049j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610145052j:plain

 バイクの駐車は無料ってのが良かったねぇ~ 屋根のあるところへ駐めても良いって言われたし。

f:id:Rider_Hide:20190610145056j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610145100j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610145105j:plain

 “のどぐろ”の干物と“輪島プリン”をお土産にゲット。 かなり昔に一度来たことがあるが、朝市のおばちゃんたちは、ちょっとばかししつこいのは変わってないね(笑)
 ここで木曽から来た1名が直帰することになったので、10台で次へ向かいます。

 能登半島をどんどん南下し、世界一長いベンチがあるという道の駅「とぎ海海道」へ。

 途中、雨には当たらなかったが、路面がかなりウェットなところがあったので我々の走りは上手く雨のタイミングがズレているようなのはラッキーですが、コーナーにグルービングが施されていて滑りやすそうなのには閉口する。

 道路進行方向のグルービング(縦溝)排水性能向上によるスリップ防止を狙っているという話は聞いたことはあるが、どうもバイク乗りには馴染まん気がする。


 そんなことをブツブツ思いながら到着して。ランチタイムにしました。

f:id:Rider_Hide:20190610145237j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610145242j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610145245j:plain

 「能登豚のスタミナ丼」にしました。 私にとっては「値段の割に今ひとつ味がパッとしなかった」 スタミナの基は自分で好きなだけかけることができるニンニクチップか?(笑)
 こんなことなら、道の反対側にあった「8番ラーメン」にした方が安くて美味かったかもなぁ。

 気を取り直して、世界一長いベンチを見てみることに。確かに長いが、それがどうなん?って感じがしないわけでもない(笑)

f:id:Rider_Hide:20190610172753j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610172756j:plain

 

  もう、すっかり帰路モードですが、道の駅「のと千里浜」へ。

f:id:Rider_Hide:20190610172946j:plain

 ちょっと気温も上がった感もあるので、ジェラートをいただきます。イチゴと能登の塩のダブルです。抹茶はちょっとオマケらしいが、チーズがオマケじゃなくて助かった。

 「千里浜なぎさドライブウェイ」も走りたいが、走行後の早いうちに洗車しないと錆びの発生が心配なので今回はパス。 GSのパーツや素材は比較的錆びにくいとは思うけど。

 能登半島での最後の休憩は道の駅「内灘サンセットパーク」へ

f:id:Rider_Hide:20190610173214j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610173217j:plain

 文字通り、夕陽が綺麗な地点なんだろうか。 一息入れて、ここで富山からの1名と分かれますので9台に。高速に乗る前にガソリン補給。

 金沢東ICから乗るつもりだったが、なぜか金沢西ICになってしまった。まぁ特に問題は無いけど。

 高速に乗ってすぐの徳光PAで一旦止まり、次の休憩ポイント「南条SA」を全員で再確認する。 それにしてもこのPAがオープンした頃は良かったのにゴーストタウン状態で何も買う気が起きず、自販機の缶コーヒーで我慢した。 一体どうなってしまったんだろうね。 


 南条SAで小休止して神田PAへ向かう。途中の敦賀JCTで1名が分かれて、8台になってます。

f:id:Rider_Hide:20190610175327j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610175325j:plain

  さすがにそろそろ疲れが出てきているなぁ~と思い、気分を一新するため?「梅アイスモナカ」で糖分補給。

 ここで名古屋メンバーの2名とお別れなので6台になって、最後の休憩ポイント「草津PA」へ向かいます。 名古屋メンバーから「次回はいつですか?」って質問があったが、さすがに日帰りだろう。それに真夏はバイクでも暑いし(笑)


 それなりに車は多かったが、渋滞することもなく流れていたので、その流れに乗って、19時前に草津へ到着して「最後まで気を抜かず安全運転で!」と解散。

 茨木IC辺りでちょっと粒の大きい雨に降られたが、短時間で済んで助かった。 そして、我が家に19時55分に無事到着。

 お土産も載せておこう。

f:id:Rider_Hide:20190610182336j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610182343j:plain
f:id:Rider_Hide:20190610182346j:plain

 「塩サイダー」、「塩羊羹」そして「輪島プリン」です。 これ以外に、輪島の朝市で買った「のどぐろ」の干物と「宗玄」の酒があるが、写真は省略でもいいか。

 いやぁ~よく走った。やっぱり能登半島は遠いわ。 走行LOGを載せておくが、金沢から南は行きも帰りも同じ線になってしまうからつまんないか。 

f:id:Rider_Hide:20190610184409j:plain 初日の午前中はカッパが要るような雨に降られたが、2日目は青空こそ出なかったが、カッパを着ることもなく(防寒目的で着ていたメンバーも居たが)済んだし、マシンも身体もノントラブルで珍しく?ほぼ計画スケジュール通り走ることができたのは良かった。
 
 参加の皆さん、お付き合いいただきありがとうございました。

 2日間で955kmは還暦ライダーにはちとハードだ。 やっぱり、リスク低減のため、暗くなる前に帰宅できるところがいいな。・・・って、書いても、長すぎてここまで読んでくれないか(笑)