Rider Hide の No Guts, No Glory

自由気ままな人生を目指し、バイク,写真,自転車,小説などが好きで、R1200GS、CARRERA NITRO SL、GIOS PANTO乗りの中年?ライダーです。

GIOS PANTOで久しぶりの大野山ライド

 昨日分の記事です。 またしても、自転車に乗ってない期間が長くなっていたので、走らねば・・・ってことで久しぶりに大野山へアタックしてきました。 しかも、これまた久しぶりのPANTOで(^_^;

f:id:Rider_Hide:20170430205245j:plain
 サボっていたので、脚が回るか心配でしたが、下の写真(大野山の上り口)まではそれなりに?走れました。

f:id:Rider_Hide:20170430203439j:plain が、ここからが問題でした。・・・予想はしていたが、貧脚に磨きがかかって、まったくもって廻らない。 今日からGWに入った?せいか、車もそれなりに上ってくるので、あの狭い道でヒイヒイ言っている横を抜かれるのはかっこ悪い。ではなく、ふらついたら危ないので、車が上ってくる度に、止まって避けていたら一段と疲れてきた。

f:id:Rider_Hide:20170430203857j:plain と言うことで、ノンストップでは上れず、源流ポイントでも小休止。 本当はここから先はほんのちょっとなので、止まらず行けたと思うが??

 ここまで来れば、目指すは山頂だ! と言うことで、自転車を運びます。

f:id:Rider_Hide:20170430204109j:plain
 ふ〜う。いままで一番疲れた大野山アタックだった。 ここへ来るなら、PANTOではなく、CARRERA NITLO SLにすべきだったかな。

f:id:Rider_Hide:20170430204310j:plain
 お腹が空いたので、サドルバックを空けたら・・・これにはエナジーバーなどを積んでなかった。oh my god! (涙)
f:id:Rider_Hide:20170430204959j:plain
 腹が減ったと言っても、アゲハチョウを捕って食べるようなことはしません(笑)

 ここからは下り基調なので、ハンガーノックになる可能性は少ないだろうと諦めて降ります。

f:id:Rider_Hide:20170430204633j:plain
 大野山の上り口まで降りて、空きっ腹の足しにしようとドリンクで栄養補給しておく。

f:id:Rider_Hide:20170430205102j:plain
f:id:Rider_Hide:20170430205209j:plain 腹が減っているのに、せっかく桜が咲いているのでPANTOを止めて写真撮影(^_^;

 もう少し手前にも食べるところはありましたが、カフェガレージ アンクルまで戻ってきました。

f:id:Rider_Hide:20170430205229j:plain
 カレーを注文して、スマホで雨雲レーダーを見ると、段々と近づいているじゃんか。ワーォ!なんてこったい。天気予報が当たるのかよ。大野山の頂上ではそんな感じに見えなかったのに。 これじゃ、珈琲飲んでいる余裕がないな。

f:id:Rider_Hide:20170430205731j:plain
 って言いながら、ちゃんと飲んでるじゃんか(笑)

 冗談抜きに、北川の空は真っ黒になってきたので、全速力で雨雲から逃げます。途中で雷鳴も聞こえたので、勘弁してくれ〜と祈りながらペダリングしてました。
 自宅まで、残り7kmくらいまで戻ってきたところで、雷鳴も聞こえなくなり、上空も向かう自宅の方向もそんなに暗くないので、もう大丈夫だろうって思ったところで、西からの風が強くなり、雨がポツポツと落ちてきた。

 どうやら、北からの雨雲では無く、西側の雨雲からの雨のようです。強い風で上空の雨がこっちへ流れてきてるようです。しばらくは大したことないなって思っていたが、途中の5分間くらいは少々鬱陶しいくらいの強さになり、ずぶ濡れではないがそれなりに濡れてしまった。
 幸いに長続きせず、自宅付近は降らなかったようで、帰宅したときにはウェアも乾いてました。 
 
 もう少し、早く大野山に上れたら、雨に遭わなかったんだろうな。原因は体力低下だな。 

 



本日の走行距離:約70km あぁ、疲れた。(涙)